作者ページ

蜜華りんごさんの日記

私事
[作成日] 2021-02-21 23:56:06
小説の事で無くてすいません。

先日、古くからの友人から電話があり、5年越しの想いに終止符を打ったとの事。

彼女は削除した大丈夫、もう要らないのモデルにもさせてもらった人でした。

彼女が終止符を打ったのは不倫の恋。
出会ったのが約5年前。
旦那さんが出会い系をしてて、家の貯金を勝手に使い切ってたのが発覚し、さらに事故をしたり、彼女自身は仕事と子育てで余裕もなく、これからどうしようという時だそうです。

彼女も既婚で子供もいるのは打ち明けたそうですが、、現状の話はせず、他愛のないやり取りするくらいだったそうです。でも、毎日のやり取りが彼女の拠り所になったそうです。

私は彼女にやれともやめろとも言えなかった。
彼女が苦しんでるのも知ってたから、それくらいと思いました。

彼女もその人に会うのは1年に1回あるかないか。電話もせず、ただただメールのやりとりだけ。
好きだと言われたど、付き合おうとは言われなかった。
誕生日にお祝いのメールはないけど、遅れてプレゼントが贈られてくる。
自分だけ気持ちが大きくなってしまい、離れようとほのめかしたり、卑怯な手だとわかっていながら、気持ちを確かめたくなることもあったとか。

世間では不倫は悪ですが、彼女を見ていると、全部が全部そうでは無いのかなと思ってしまいました。

何故今回もう止めようとしたのか。
好きになりすぎて辛くなってきたそうです。
素っ気ない文面に落ち込んだり、会いたいと思うのは自分ばかり、嫉妬するのも不安になるもの自分ばかり、束縛されたいけれど、既婚の自分に言う権利はないと。

彼女の旦那さん、彼女に一途の振りをしてたから、もう誰かを信じること自体が難しいのかなと。

5年は長いなぁ。毎日のやり取りが、彼女を支えてたものが無くなる、それが心配。
5年かけて忘れるわと最後に言ってたけど…簡単では無いんだろうな。
いくつになっても失恋はつらいだろうに。

私はこんな時にもどう声をかけてあげればいいかわからず、全部気持ち吐き出して別れたら?みたいな事を言いました。

が、彼女は別れるもなにも付き合ってたかどうかもあやふやで、何だったんだろうと言ってました。
でも、確かに好きだったし、必要で大切だったと。

羨ましくもあり、結局不倫の結末は別れなのかなと思いました。
早く彼女のなかから、彼が思い出になりますように。


日記へのコメント

まだコメントはありません

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ