作者ページ

B・Caféさんの日記

〝はじめしゃちょー〟ではなく〝株式会社ひとり〟になりました
[作成日] 2017-09-12 22:57:46
今日(こんにち)の株式会社は資本金1円で旗揚げ可能です。
今日の有限会社はもう作れません。
今の有限会社は新会社法により〝特例有限会社〟となっています。

なぜ、僕が〝株式会社ひとり〟を名乗るのかと言うと・・・
パチ屋のシフトが今週は金曜日の15日のみッ!?
いくら雇用保険適用外の週20時間以下を遵守すると言えどやり過ぎだろうと・・・。
せっかく慣れたのだから、バンバンとシフトに組み入れてほしいのだが、、、、

最初の二週間は時給900円です。
その後、カウンター業務ができるようになって時給1100円。
茨城県のパチ屋の最低賃金・・・まぁ、客が来ないのだから仕方がない。。。
こないだの土曜日も閑古鳥が鳴いていたしな。


ここで見つけたバイトが『結婚相談所の電話勧誘』13時から21時の間の3時間。
というと・・・?
週5日でも15時間・・・雇用保険適用外にしつつも。シフトで毎日出社させるという技かな?
FPで裏事情ばかり、知識が入って物事をプラスに考えられなくなったが、、、ここでバイトでどこかに2重で属するのは僕の就活や勉強にもマイナスになる可能性がある。

なので警備員時代にしていたスポット派遣に行って参りました。
スポット派遣とはたった一日だけの俗にいう『日雇い』です。


ん?
待てよ。
2012年10月より、派遣法改正で30日以内の日雇い派遣が禁止されたはず。。。。

これも日本に蔓延する白い法と黒い混沌の間にある灰色の『紹介』という方法で現在も日雇いが可能です。
派遣会社は求人している会社に1日だけ、派遣社員を紹介します。これは請負とも表現されることもあります。

これなら派遣ではないのです。
紹介されているので紹介された会社に約8時間だけアルバイトするということなのです。


長くなりましたが、今日は倉庫の小物の袋詰めという作業に行って参りました。
僕自身が、僕を紹介し派遣しているので『株式会社ひとり』ということです。

永遠に足拭きマットの箱の把手(とって?)の部分をでかいセロハンテープで貼るのです。
時給1000円。
恐らく、そこで働くパートさんたちより高時給でしょう。
そして、パートさんたちは派遣より早く帰って行きました。

明日は家具屋で、永遠にタンスを作ります。。。
時給950円。

この底辺から這い上がれるだろうか・・・?







日記へのコメント

補足。。
紹介された会社の時給の4割から2割強を派遣会社に仲介手数料として払ってることになります

まず、時給が千円ですよね。
恐らく派遣会社ℱの取り分(マージン率)を簡単に算出してみましょう

現在の派遣会社のマージン率はおおよそ平均30%です
平均で考えると僕は今回の紹介先で時給1300円の仕事をし、そこから1時間300円のマージンを派遣会社に払っているのです。

紹介先は今回3人の派遣を日雇いします
8h×¥1.000=8.000円×3人
24000円×30%=¥7.200が派遣会社の取り分です。
このような現場が1日にℱ社で約60件なので単純計算で432.000円の利益となります。

[投稿者]B・Caféさん [投稿日]2017-09-12 23:12:55

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ