作者ページ

サトシさんの日記

はい、集合してくださ~い!②
[作成日] 2022-09-23 02:10:03
「ケータイ学園のみなさーん!」
先生、メガホンも使わないのに、よく大声がだせるな。

「これから地下鉄に乗って、四条駅から八坂神社にいきま~す!」

ガヤガヤ、ゾロゾロと移動し、僕達は八坂神社に向かった。
四条駅からは結構な距離で、商店街のアーケードを通って、祇園の街を横目で見ながら大きな交差点を渡る予定だ。
途中、大丸デパートを過ぎる頃に、山田先生が大きな声で説明している。

「みなさ~ん、この四条通りが先生の知る限り最も信号が多い道路です。通りが狭く20~30ごとに信号があるからです。サトシ君っ・・・女の子にキョロキョロしないっ・・・」
「し、してませんよぉ・・・」

「瞳を覗いて、信号越しに僕が写っているなんて、臭いセリフ吐いてたでしょう?」
「しょ、しょれはぁ・・・・」

「M子さんもスカートを超ミニにして、挑発するのはやめなさいっ・・・サトシ君っ・・・右手、ギュッギュしないっ・・・・」

日記へのコメント

まだコメントはありません

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説とは?
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!

スマートフォン対応!QRコード


公式Twitterあります

当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ