作者ページ

NEW 元木結菜さんの作者ニュース

言い出せなかった別れの言葉。私は次に彼に告げられるのだろうか
こんばんは。

 タイトル通りですが、、、

 デートの帰り道、明華は喉許まで出かかった別れの科白を口にできませんでした。
ヨンが不穏な気配を察したかのように、別の話題を切り出してきたからです。

 明華自身はヨンが気づいていないと思っているようですが、実は、ヨンはちゃんと気づいていました。
 それでなくとも、二人はネモフィラの丘で一度、かなり気まずい雰囲気になっています。
 特に勘が鋭い人でなくても、話の流れから、
ーこれは今、彼女に「何かを」言わせてはマズい。
 と危機を察知したとしても不思議ではないですね。

 リアルでもよくある話です。

 こういう場合、事後のなりゆきとして考えられるのは二つです。
 あの時、言おうとしたけど、結局言えなかった。言えなくて良かったと、ずっと後になってつくづく神様に感謝する。

 もう一つは、あの時は言えなかったけど、どうしても気持ちは変わらず、結局言ってしまう。

 さて、明華の場合は、どちらなのでしょうか。

 更に、明華はヨンに頼み込み、入牢中の僧宗俊に面会にゆきます。果たして、囚われた僧は明華が観相をしたあの若い青年僧なのでしょうかー。

あと、殺人事件の現場となった遊廓の名前が一部「花水楼」になっているかもしれません。
時間の都合で、本日はすべて訂正できておりません。申し訳ないです。

 
[作成日]2021-10-20
16拍手

| 関連小説リンク |

月の姫~夢占(ゆめうら)の花嫁~ 連載中
笑っているそなたも、怒ったそなたも、どんな明華でも私は大好きだ。愛しているよ、私の明華
[ジャンル]SF・ファンタジー・歴史
拍手する

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説とは?
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!

スマートフォン対応!QRコード


公式Twitterあります

当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ