作者ページ

nanamiさんの作者リクエスト

二次創作のネタを下さい。
私は既にネット上にある官能小説のその後を
私風にアレンジした『終わりの向こう側』
という作品を描いています。

みなさんの知っている途中で終わっている作品や
完結しているけど、まだ続きが描けそうな作品が
あったら教えて頂ければありがたいです。
どうか宜しくお願いします。
終了予定日2022-02-13
[作成日]2021-02-13 14:48:30

| 関連小説リンク |

終わりの向こう側 連載中
既にネット上にある官能小説のその後を 私風にアレンジしてみました。
[ジャンル]二次創作

リクエストへのコメント

 さらにいえば、在日コリアンの「作者」は実は日本ではない。
 終戦後に共産コミンテルンのマフィア(コリアンもいるにせよ)が忠実な走狗・構成員を確保するために、「反日・反社会勢力の同志」として連中(の親)を利益誘導で抱き込んだのが発端。だから在日は「被差別」「反日」でなくてはならないのが、作者・セクト利権の支配層の意図と必要。
 既にほぼ「連帯責任の従犯」という立場なわけだが、実は「日本が憎い」という感情すらプログラムされたもので(自分自身の思考や判断ですらない)、最初から最後までオモチャと道具にされ続ける人生。よくホラー作品で「親が無考えに悪魔と契約したので、子孫まで呪われた」とかに近い立場。
[投稿者]強襲型たぬきそばさん [投稿日]2021-07-06 01:39:37
 これは書籍ですが、オーウェルの「1984年」なんて作品があります。続編でなくても、その世界観で二次創作するのも案外に面白いかもしれません。
 元々は共産主義国への批判を込めて書かれたSF風刺小説ですけれども、実は今の世の中は共産グローバリストに統制されていたりします(日本でも在日コリアンや共産利権ネットワークが力を持って、特にこの二十年くらい好き放題に無茶苦茶やってました)。

 逆に在日の人だったら「フランケンシュタイン」をモチーフにするとか? あれって実は「なんで自分自身がこんなわけのわからない立場になってるのか自分でもよくわからない」ので(人造人間の主人公が)右往左往する話です。
[投稿者]強襲型たぬきそばさん [投稿日]2021-07-06 01:09:17
ノクターンノベルズで夢想さんが書かれた『ふみえ その後』『ふみえという名の母』のつづきと『ふみえ』目線でのアナザーストリーを是非御願いします! 『ふみえその後』では若い愛人の北川との出奔後の2年間が原作では描かれておりません。特にこの期間の出来事と逃避に至るふみえの心情をnanamiさん目線で創造して頂けますと有難いです。よろしくお願いします。楽しみにしております!!!
[投稿者]愛読者さん [投稿日]2021-02-21 20:48:20

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説とは?
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!

スマートフォン対応!QRコード


公式Twitterあります

当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ