この作品は18歳未満閲覧禁止です

  • テキストサイズ
イキ狂う敏腕社長秘書
第7章 【妬み、汗、涙】





ロックしてたとしても危ない。
でも、またとないチャンスだ。
ここで嫌がればきっと次は言ってこないと思う。
起き上がり自分も携帯を出した。




「じゃ、撮り合いっこしちゃう?」




明るくそう言うと一瞬驚かれたけど火をつけてしまったようだ。




社長の携帯でハメ撮りをし、私の携帯はベット横の丸テーブルに固定して行為中を撮り始める。




「顔映っても良いよね?」




「私のも映っちゃうよ?」




「お互いにリスク背負ってするのもまた興奮するよな?」




「うん、ちゃんと映して……」




「やべぇ……撮るよ?」




グイっと首から抱き寄せた。
もう録画状態だ。




「壊れるまで抱いてね…」




互いに目の色変えて貪り尽くす。
ここからの記憶はちょっと飛んじゃうくらい淫らに交わった。
ずっと撮られてる感覚は想像以上に気持ち良い。
大胆に絶頂を味わえる。




「ハァハァ……それイっちゃう…っ」




「これ?赤くなってるよ?挿入ってるとこも丸見えだ…っ」




ピストンしながらクリトリスを弄られたら何回でもイってしまう。
キスするところも近くで撮られていつもより深く絡ませる。
イキ顔撮りながら嬉しそう。
どんどん固くなってるよ。




絶倫な社長はイってもまた新しい避妊具を着けて挿入してくる。
休みなして犯し続けられるのだ。




「もう無理っ……無理だよ…っ」




腰を持ち上げての正常位も半端ないピストンで攻めたぎられる。




「イクイクイク……っ」




「まだ足りないだろ?美雨はこんなもんじゃないよな?」




上下逆転して騎乗位。
挿入してからはこっちの腰の動きが止まらなくなる。




「そうそう、それだよ美雨……あぁ……気持ち良い、上手だ」




激しく肌がぶつかればぶつかるほど中でうねられてポルチオイキしてしまう。




「あっ…あっ…待って、イクイク…っ」




「またイクのか?しょうがないお嬢さんだな」




前に倒れて抱き合う。
上体を押さえたまま下から鬼ピストンで再びイかされる。




「もうイキ過ぎっ……おかしくなる…っ」




「これ好きなんだろ?いつも強請ってくるよな、へばった後に欲しいんだろ?言えよ、イかせてくださいって」











/308ページ
無料で読める大人のケータイ官能小説とは?
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!

スマートフォン対応!QRコード


公式Twitterあります

当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ