書籍化作品 詳細ページ

感じさせて

くらうさ

イラストひだかなみ
発売日 2015/7/1
出版社 一迅社
本体価格 1,200円
電子書籍は価格が異なります

ある主婦が、裏ビデオにスカウトされた

『愛されないゆえの淋しさから私が選んだのは、愛をくれる彼――』

裏ビデオにスカウトされた主婦の私。
無関心な夫に寂しさを感じていた私は、誘いに応じてしまう。
さらに気に入ったというシンヤからの熱心なアプローチもあり、夫であるトオルとの関係修復を望みながらも、シンヤにも惹かれ、密会を重ねてしまう。ダメだとわかっていながらも、会いたい気持ちを押さえられずに、今日もシンヤに与えられる快感に溺れていく――。

ひとりぼっちなうさぎと子犬のように無邪気な年下青年の、切なくも甘い物語。

作者からのコメント

『感じさせて』を執筆していた頃、読者の方とこんなやり取りをしていたことがあります。
「書籍化なんて無理だけど、本棚に大切な自分の作品を並べてみたいな…。自分でコピーして、製本しちゃおうかな~(笑)」
『俺、コピー手伝うよ!!』
『ホッチキス、私手伝う!!だから、私にも一冊下さい!!』
まさか、あの日の夢が叶うことになろうとは…。正直、まだ実感は湧いていないんです。でも、書店に並ぶ『感じさせて』を目にした時、私はきっと立ち尽くしたまま、感動の涙を流してしまうでしょう……。

そんな涙を流せるのも、執筆中、心折れそうになった時やプレッシャーに押し潰されそうになった時、いつも温かく見守り、そして応援して下さった読者の皆様のおかげです。心から感謝しています。本当にありがとうございました。

さて、そんなこんなで私、書籍化活動初体験をしたわけなんですが……正直、葛藤と疲労、そして勉強の日々でした。
ザ・携帯小説。これ、私の特徴だと思っております。それなのになんと!縦書き小説にて書籍化!とゆー未知の世界へと足を踏み入れてしまったんです(苦笑)
無知で文章力のない私が、小説?!しかも縦書きなんて…「くらうさワールド」無くなっちゃうんじゃ……凹。
はい、かなり戸惑いました(汗)
途中、自信喪失にも陥りました(涙)
けどね、葛藤しながらの編集中気付いたんです。当たり前のことなんだけど、画面でスクロールする世界と、紙をめくるという視界の違いを。携帯小説には、携帯小説にしかない独特な魅力があるけど、書籍にも、書籍にしかないたまんない魅力があるのだと。
だから、くらうさワールドそのままに、胸熱くする素敵な一冊を作りたい‼︎と思いはじめ、出版社の方に色々教えて頂きながら、一心不乱に作業を続けた日々でした(笑)

切なくて泣けて焦らされてキュンキュンして、まさかの急展が待っている。不倫というありきたりな雰囲気から始まりながらも、魅力的な登場人物に引き込まれ、後半はスピード感と感極まる世界に浸っていただけると思います。
加筆は少ししかありませんが、余計な部分を削ぎ落とし、読者の方が流れるように読める作品に仕上がったと思っています。
そしてそして、表紙がたまらなく素敵です(*´ω`*)表紙に関しての感想等は、あとがきに書かせていただいております(* ´ 艸`)うふふ。

最後になりましたが、読者の皆様、お世話になった運営の方々、そして、ダメダメなくらうさの担当をして下さった一迅社の皆様、本当にありがとうございました!!
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ