書籍化作品 詳細ページ

海鳴り

RIN

イラスト千鳥ぺこ
発売日 2015/7/29
出版社 一迅社
本体価格 1,200円
電子書籍は価格が異なります

長い間心の奥に仕舞い続けてきた過去が、ある日鮮明に蘇る。

都会での仕事に体調を崩し、小さな漁師町の小学校に逃げるようにやってきた教師の律子。
彼女がその町で出会ったのは、たくさんの無垢な子供たちと、一人の海の男。
教え子の父親。単純で、堅物で、目つきは悪くてぶっきらぼう。

……でも。

「あんたに惚れてる」

この人には惹かれない、間違いは犯せない。そう思ったのに――。

海のにおいのする町で、おぼれるように恋に落ちた律子の、胸を焦がす恋物語。

作者からのコメント

皆様こんにちは。
この度『海鳴り』が書籍化される事になりました。
作者のRINと申します。

この作品は、タイトルがふと頭に浮かび、そこから全ての物語が始まりました。
結末が見えている〈回想〉の形にした事に少し不安を覚えましたが、皆様からの温かいご声援のお陰で無事に完結する事ができました。

都会を離れてたどり着いた漁師町で、道ならぬ恋に落ちた律子の物語です。
彼女が味わう幸せ、切なさ、苦しさ。叶わぬ思いを抱えて町を出るまでの過去と、時を経た現在を描きました。
様々な人間模様もちりばめてみました。
皆様にも律子が耳にした海鳴りが届くといいな、と思います。

改稿に先立ち、これまで私の作品に寄せられた全てのレビュー、メッセージを繰り返し読ませ頂きました。
思わず微笑んだり、恐縮したり、ヒントを頂いたりした事、また、反省したり、考えさせられたりしながら更新していた日々を思い出しました。
今も、しおりや拍手に励まされている事を思い、しみじみと感謝の気持ちが湧いてきます。
本当にありがとうございました。

書籍化に際し、新たに付け加えた所はございません。
寧ろ、乱雑で余計な文章を削り、気になっていたクセを削り、新たな文章を補った結果、原作よりも少し短くなりました。
誤字脱字も見つかり、名前の誤りもありました。

ようやく書籍として形になってきた作品に、素敵なカバーが掛けられました。
千鳥ぺこ先生の美しいイラストに思わず息を呑みました。
作品を読み込んでくださった事がイラストから伝わってきてとても有り難かったです。
毎日何度も見つめていましたので、色落ちしていないかと心配です(笑)

本を読み終えた皆様が、もう一度表紙を見て、靴紐のほどけた律子を思ってくださると嬉しいです。
素晴らしいイラストに見合った文章になっていると良いのですが……。
千鳥ぺこ先生、ありがとうございました。

お世話になった運営様、一迅社様、いろいろと無知を晒してしまいましたが、辛抱強くご指導くださいましてありがとうございました。

書籍になった『海鳴り』が私の手元に届いた時にはきっと、貝殻を抱きしめている律子のように、本を抱きしめると思います。
多くの皆様に支えて頂いた事、忘れません。
本当にありがとうございました。


RIN
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ