作者ページ

元木結菜さんの作者ニュース

たとえ王妃に選ばれなくても、側室として彼の側で生きるわ
こんにちは。

 とうとう中殿選考試験が始まりました。

 セリョンは短期集中のお妃教育を施され、たくさんの名家の令嬢と共に厳しい試験に挑みます。

 ムミョンはどれだけセリョンを好きでも、欲していても、公正に行われるべき試験に
 手心を加えるつもりはありません。

 また、セリョンも最初から、そんな甘えは持っていません。

 その点、二人とも似た者同士であり、また別の意味では

 お互いを強く信頼し、強い絆を結んでいるからこそ
 相手を信じて正々堂々と闘えるのもかしれません。

 王妃選考試験を受けて欲しいと彼が頼んだ時、
-俺だけを見つめて信じて、俺の側まで来て欲しい。

 と、言いましたが、セリョンもまた
-あなただけを見つめて、あなたの側まで歩いてゆくわ。

 と、応えたたのです。

 ですが、最終選考に残った五人は誰が王妃に選ばれても不思議はないほど
 美しく賢い娘たちばかりです。

 更に、ここで王妃になれなくても、最終選考に残った者は全員
 王の後宮にはいらねばなりません。

 つまり、ムミョンの未来のお妃は現時点でも五人はいるということですね。

 彼を愛するセリョンにとっては辛いことです。しかし、張氏の養女となり、厳しいお妃教育、更に
 何度かの選考試験を経て、セリョンの考えも変化していました。

 -私の生きる場所は彼の側しかない。
 側室として生きる運命だったとしても、耐えてみせようと健気な決意をしました。

 さて、最終選考試験では、前作「後宮秘帖」の主人公チェスンが特別?出演します。
 
 前作では幼馴染み同士である王とチェスンの恋を描きました。

 その辺りも良かったら、ご覧下さいませ。

 この物語りは今年の二月から六月にかけて書きました。
 なので、セリョンが最終選考前に女将に「お世話になりました」的な嫁に行く娘の挨拶をしたときは
 不覚にも女将の気持ちに共鳴して、じーんとなってしまいました。

 嫁ぐヒロインの気持ちに共鳴した、、、と言いたいところですが、
 これはちょっと年齢的に無理がありすぎるので-笑
 
[作成日]2019-10-09
10拍手

| 関連小説リンク |

寵愛~隻眼の王の華嫁は二度、恋をする~ 完結
好きだよ、セリョン。そなたを好きすぎて、気持ちが滅茶苦茶になりそうだ。それほど、俺は愛してる
[ジャンル]SF・ファンタジー・歴史
拍手する

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ