作者ページ

元木結菜さんの作者ニュース

あなたはもう王の娘ではない。別人として新しい人生を生きるのよ
こんにちは。

 三連休の初日、いかがお過ごしでしょうか。

 セリョンの心中がしのばれます。
 母親が我が娘に
 ー今日から、あなたは死んだことにするから、別人として生きなさい。
 そんなことを告げるのは、身を切られるような想いだったでしょうね。

 でも、娘が恋人の後を追って自害するのを見るよりは、まだ「死んだことにして、どこかで生きて欲しい」と辛い選択をしたのですね。
 辛い決断をしたのはセリョンだけではありません。
 父親として、ムミョンも苦渋の決断であったことでしょう。

 死ぬことはないにせよ、「死んだことにして」しまえば「紅順公主」という王女の存在は抹消されます。
 当然ながら、これから先、親子の名乗りも逢うこともできなくなります。

 それでも、親ならば、たとえ永遠に逢うことはできなくなったとしても、この広い世界のどこかで、娘が幸せに元気で暮らしているなら、哀しみにも耐えられる。

 ムミョンとセリョンの気持ちが分かります。
 旅立つ娘のために、徹夜して袋を縫い上げ、手ずから選んだ細々とした品を詰めて用意を調えたセリョン。
 二度とは逢えない娘への思いが込められていたと思います。

 第三部の冒頭の作品紹介では「16歳で亡くなった」と書いたため、ご心配をおかけしてしまったようで。。。

 でも、賢明な読者さんの中には、もしかしたらーと、この展開を漠然と想像していらっしゃった方もおられたようです。

 結果としては、このような形となりました。
 本日もご覧頂き、ありがとうございます。

 
[作成日]2020-11-21
17拍手

| 関連小説リンク |

向日葵の姫君~王女の結婚~(「寵愛」第三部」) 完結
好きだよ、セリョン。そなたを好きすぎて、気持ちが滅茶苦茶になりそうだ。それほど、俺は愛してる
[ジャンル]SF・ファンタジー・歴史
拍手する

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ