この作品は18歳未満閲覧禁止です

  • テキストサイズ
淳、光と闇
第6章 省吾と孫と誕生日と
「な、由美君…
あれは…成り行き上で…
ははは…」

「旦那様!!
あれほど…淳ちゃんは駄目と
言っているでしょう!!
抱きたいのなら…
そのお仕事をしている嬢になさいませと
いつも言っているでしょうに!!」

「わ!!由美君!
そんなに…怒るな…
しわが増えるぞ?」

「大きなお世話です!!」

その後、省吾は由美にたっぷりと

油を絞られたのだった。

それは由美は省吾に

決して淳には手を出さぬようにと

きつく言っていたのだ。

淳は商売女ではない。

省吾にとってかけがえのない女性だからと

由美は事あるごとに省吾に言い含めていた。

「由美君、悪かった…
許してくれ…」

「絶対に…許しませんよ!!」

悲鳴を上げる省吾だった。



/584ページ
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ