この作品は18歳未満閲覧禁止です

  • テキストサイズ
淳、光と闇
第3章 竜馬の会社
「淳ちゃんって言ったわね?
いいですか?
万が一お仕置きされても…
決して主任を恨んではいけません。
主任だってお仕置きするのは
何より辛いの…
でも、私達の為に…
鬼となって私たちを叱るの…」

そう言って風香は淳の胸で泣いた。

/584ページ
無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ