作者ページ

チョモランさんのレビュー一覧

表示中 | 非表示にする

[評価] ★★★★★

ようになり、その度に体の関係を持つ2人が、互いに心の隙間を埋めるかのようなんですが、恋人でも無く、好意があるのかも分からないのに、何故か2人から虚しさを感じない。
そこが不思議だなぁと思いながら読んでました^_^

24章のペアのカップのシーンは、カップを通して2人の想いや、愛が伝わってきて、直接的な言葉なんて必要ないんですね(//∇//)

ラストに瑠美が、『ああ。私にはこの人が居てくれた』と思うんですが、『必要だった』じゃなくて、気付いた時には側に居たって事なのかな?

無機質な毎日を過ごしていた冬樹と、瑠美に色が差したような、そんな物語です♪( ´▽`)







2017-04-10 12:55:27

[評価] ★★★★★

静寂な森にひっそりと暮らす寡黙な男、冬樹と、母親と2人慎ましく暮らす儚げな女性、瑠美。
互いに色々と訳有りなんですが、あまり暗くならないように描かれているからか、好ましい気分で読む事が出来ましたd(^_^o)

閑散とした雰囲気と、官能シーンが上手く重なり合って、情緒的で、とても良いです(*^^*)
静かですが息遣いまで聞こえてくるような官能で、瑠美の呻き声から喘ぎ声に、段階を経て変わっていく所も自然ですし、冬樹のリードしながら、少し気遣うような、瑠美にも気持ち良くなってもらいたい…と考えながらする行為に大人の余裕があって、セクシーでエロいです☆

2人とも、舞い上がる事も無く、極自然に会う
2017-04-10 11:46:22
口琴
[評価] ★★★★★

やっと、鬼畜な中條が居なくなってくれて、松岡や敬介達も罰せられて、ホッとしました(>_<)

蕾もそうですが、梓も聖も成長した姿を見れて、良かったなぁと、心からそう思います(*^^*)

高校生になった聖と蕾の恋は、懐しげで、恋しさが募る2人が気掛かりではありますね。
兄妹ですから。
聖は事情を知ってるので、その辺をもう少し考慮してよ〜聖〜(笑)とは思いましたが、彼の抑えられない想いが切なく、でも、いきなりの外泊、やっちゃう2人にびっくり(゚ω゚)
愛してるからこそ、大事に…焦れったさも感じたかったな〜と。

蕾も兄だと気付きそうな感じなので、簡単にはいかないでしょうね(/ _ ; )
2017-04-10 07:38:48
美術教師の羞恥奴隷
[評価] ★★★★★

いつも更新お疲れ様です^_^
未桜編、楽しみに待ってました〜ヽ(*´∀`)
えーー!どんなんだろ?野外でしょうか?
と言いますか、野外デッサンどうでしょ?今思い付きました(*⁰▿⁰*)

早耶香編、そうですよね〜本番が無くて、アレッ?と思ったんです(^_^;)
あっ、変態藪下からの押しがあって、調子に乗った業者が同じように加担したら尚面白かったかな?とも思いましたが、もしかして再登場の時に?と想像したり…(o^^o)
そのシーンがくるまで待ってます☆

藍里編の自慰シーンは趣向を凝らした演出で良かったですし、朋香編の見当違いな反応、天然なとこ、面白かったです〜d(^_^o)








2017-04-07 03:05:07
薔薇色タクシー
[評価] ★★★★★

単純に楽しめましたーー♪(´ε` )

思うまま、感じるままに行動してて、男漁りが凄い!
肉食系ですよね〜薫子さん(*^_^*)

イケメン好き、サイズへの拘り^^;、体形も選り好みしてますし、
3、2、1Gooooって、ミサイルの如く発射してますね!

個人的には、インテリ系が好みです(//∇//)

遠慮がちなとこ、照れ臭くさい感じが、良かったです〜(*´ω`*)

逆にダンディ様が、キモかった!
セリフも攻め方も、とにかくねちっこい(>_<)
でも、なんだろ?ダンディ様なりの愛し方ですかね?
淫らな薫子を、解放してあげたかったのかな〜と思いました☆

面白かったーd(^_^o)




2017-04-05 07:50:12
Vesica Pisces
[評価] ★★★★★

更新お疲れ様です(*´∀`)♪

あぁ〜とうとうこの時が(//∇//)

嘉登の言動はそういう事だったんですね^_^
焚きつけたかぁ〜でも、透の為だけじゃないような気もします。
嘉登にとって、伽耶は気掛かりで目が離せない存在である事は間違いないですよね(*^_^*)

有馬さん…ショックだろうなぁ(>_<)

ここまで読んでて、透本当に頑張ってる!
忙しい身なのにこまめに会いに行って、する事なす事雄々しいです(*⁰▿⁰*)
もう少し伽耶も強い意思を持って欲しいかな?

ただ、今でこそ伽耶に一途ですが、それまでの透は散々だったので、私が伽耶なら素直に透だけを愛す事に躊躇します(T . T)

2017-04-05 06:38:31
タイムリミット365
[評価] ★★★★★

序盤の「死にたい。生きていたくない。」とこの世を去ろうとする羽音。
でも、そこまで意気消沈してる感じも無く、自棄になってはいますが、悲観的に考えてたり、人生に絶望しているような感じも、あまり無く、重くないストーリーで読みやすいですヽ(*´∀`)

羽音自身は、能天気なのかな?
輝翔と1年だけと、期間限定の同棲、恋人契約。
開き直ってますし、軽率な行動。
好きな事して、楽しみたい!って感じが伝わってきますし、まぁ死ぬ事まで覚悟したわけですから、何でもこいって感じかな〜。

輝翔の存在が、羽音の中で大きくなりつつありますが…?

彼の方が深い闇を抱えてそうで、良くない事を予感させます(>_<)
2017-04-05 06:00:09
狂い咲く花
[評価] ★★★★★

危うくて気鬱な雰囲気が漂う
まだ序盤なんではっきりとは言えませんが、愛憎劇のような。

双子の美弥と麻耶と、その幼馴染の葉月。
美弥と葉月は恋仲で、互いを想い合って、結婚を意識して約束し合っているけど、2人だけの決意や意思であって、誰も知らない事。
勘付いてる人は居ますが、飽くまで"かもしれない…"なので、
それが、不安要素だなぁと感じました。

色んな仕来りかな?それがあって誰にも言えないんですが、そこに漬け込む人物。
あまり書くと、これから読む方の楽しみが無くなるかもしれないので、控えますが、
60pのシーンは、遂にきたかー(^_^;)と思い、ここから崩れ落ちるのか持ち直すのか…。



2017-04-03 03:18:05
どこまでも玩具
[評価] ★★★★★

ありましたし、『好き』と言葉に出してるので、その想いに嘘偽りは無いと信じたいです^_^

2人以外で、金原とアカの存在が凄く興味深くて、瑞希と同じ様に犠牲になる金原や、父親からの愛に苦しむアカ。
3人の中で友情はあるけど、目まぐるしい変化に頭が追い付かず戸惑いを感じたりしながらも、互いを思い遣る気持ちで持ち直したり…と、この関係性は面白かったですd(^_^o)

後、類沢に異常な執着心を見せる有紗、彼女は煩いだけでした(~_~;)

雅樹と類沢の関係性があまり詳しく書いてなかったので、雅樹と瑞希の明確な違い(類沢の気持ちの面で)がそこまで伝わってこず、少しモヤモヤしましたf^_^;
2017-04-02 04:31:21
どこまでも玩具
[評価] ★★★★★

面白かったんですが、無慈悲な仕打ち、無情で残虐さが、前面に出てる作品です(>_<)
爽やかさや、穏やかさなんてのは皆無です(^^;;

類沢や、雛谷、アカの父親はこういう愛し方しか出来ないんだろうなぁ〜同性だからとかじゃないと思いました。
追い込んで袋の鼠状態にして、自分だけを見て、自分の愛だけを受け入れて欲しい。相手がどう思ってるかは関係なくて、ただ独り占めしたい。ただ愛したい。のかな?

犠牲になった、瑞希やアカは抵抗しましたが、その狂った愛を受け入れられてしまうと相手に興味が無くなるのかな〜とも思いました。
その興味の対象外になったのが雅樹。

でも、瑞希だけは特別だと感じれる所が多々
2017-04-02 04:29:59
前へ | 次へ

ユーザーメニュー

無料で読める大人のケータイ官能小説は、ケータイやスマホ・パソコンから無料で気軽に読むことができるネット小説サイトです。
自分で書いた官能小説や体験談を簡単に公開、連載することができます。しおり機能やメッセージ機能など便利な機能も充実!
お気に入りの作品や作者を探して楽しんだり、自分が小説を公開してたくさんの人に読んでもらおう!

ケータイからアクセスしたい人は下のQRコードをスキャンしてね!!



当サイトの公式Twitterもあります!
フォローよろしくお願いします。
>コチラから



TOPTOPへ